着物 リサイクル 地域

MENU
着物,リサイクル,地域

着物をリサイクルしやすい地域とは?全国に対応している宅配買取もある

着物,リサイクル,地域
日本は昔から着物が着られてきました。

 

今でこそ、普段着はほとんどの方が洋服ですが、少し前までは全員が着物(和服)を着ていました。

 

着物はいまでも多くの家庭で眠っています。

 

しかし、リサイクル市場はどうでしょうか?

 

というのは、若者は着物を着る機会が少なくなり、「着物の需要」自体が減っています。

 

すこし、商業的な話になりますが、リサイクルというのは資源を無駄にしない目的と、商売としての目的があります。

 

商業としてリサイクルできる地域が、現代の日本でも着物を最もリサイクルしやすい地域といえますね。

 

どの地域が着物のリサイクルをしやすいか?

着物の販売・買取業者ではない、一般人の私達がリサイクルするケースです。

 

リサイクルするということは、売ることができると言い換えられます。

 

ということは、リサイクル業者=買取業者が多い地域ですね。

 

業者が多いのは、今でも着物がたくさん着られている地域、そして、着物が作り続けられている地域です。

 

例をあげると、京都、大阪、東京です。

 

京都は着物文化が今でも濃く残っていますし、大阪は昔からの繊維問屋が多く、いまでも若い方が着物姿で歩くのをみかけます。

 

また、東京は着物を着る人が多いですし、歌舞伎や落語など古典芸能も盛んなため、現代モノからアンティークまで多くのリサイクル着物が流通しています。

 

着物の産地にも注目

着物はそれぞれの産地で、特徴的なブランドがあります。

 

有名なものとして、
紬なら、結城紬、信州紬、塩沢紬、久留米紬など。

 

綿なら、遠州木綿、伊勢木綿、丹波木綿など。

 

縮なら、小千谷縮など。

 

絞りなら、有松絞りなど。

 

友禅なら、加賀友禅、京友禅など。

 

縮緬(ちりめん)なら、丹後ちりめんなど。

 

着物を着ない方でも、聞いたことがあるでしょう。

 

このような、現代でも特に有名な着物の産地は、着物のリサイクルにおいても盛んな地域です。

 

特徴としては、古い反物が多く残っている地域でもあるので、反物のリサイクルも盛んに行われています。

 

全国地域に対応したリサイクルが可能になったインターネット

着物を売るのは、少し骨がおれることです。

 

というのは、

 

  • 着物の価値がわかる業者を探す
  • 売りたい着物をまとめて持ち込む
  • 訪問査定の場合は、家中の着物をあつめておく
  • 査定してもらう

 

など、手間がかかるからです。

 

着物,リサイクル,地域

 

着物は繊細な布なので、折り目がつかないように、また傷まないように綺麗にたたまないといません。

 

着物の扱いに慣れた方にはなんてことない作業ですが、普段着ていない方には、着物を1着ずつたたむだけでもたいへんな労力です。

 

それを簡単にしてくれるのが、着物の宅配買取です。

 

インターネットのフォームから依頼すると、送料無料で宅配便キットが届きます。

 

キットには、申し込み書類やダンボールが入っています。

 

ダンボールは普通の引越し用のものではなく、たたんだ着物がスッキリと収まる着物専用のサイズです。

 

あとは、書類を書いて、運転免許証など身分証明書のコピーを同封し、着物と一緒に送るだけ。

 

メールか電話で査定結果の連絡がきます。

 

買取額を確認したら、あとは銀行口座に振込されるのを待つだけ。

 

最速24時間で入金されるので、着物を簡単にリサイクルしたい方にはうってつけのサービスです。

 

買取された着物は、必要な方のところに巡っていくので、その点でも手放しやすいと考える方が多いんですね。

 

PICK UP!
着物買取の福ちゃん(出張買取)

着物買取 福ちゃん

 

 

母から子へ、子から孫へもリサイクル

着物,リサイクル,地域
着物がリサイクルされている現状として、昔からあったのが、母から子、子から孫へと代々受け継がれている方法です。

 

リサイクルという意識はないかもしれませんが、立派なリサイクルですね。

 

もうひとつは、他人へリサイクルする方法です。

 

着物を着る方が少なくなったいま、「着物を着る方へリサイクル」するのが、増えているリサイクル方法です。

 

 

昔は着物はとても高価なものでした。

 

いまでも、正絹の着物はとても高価ですね。

 

着物作家の方がつくったものだと、数十万円するものもあります。

 

庶民が着る綿の着物は、一般的な普段着ですが、特別に誂える着物はどれもとても高価です。

 

そういった着物は高く売れる可能性があるので、専門知識のある業者へリサイクルしたほうが絶対にお得です。

着物,リサイクル,地域