着物の買取相場は?

MENU

着物の相場で思うこと

着物買取方法や相場について調べていますか?

 

着物にハマってたくさん集めました。
祖母は普通に着物を着ていたし、母もたくさん持っていました。

 

私は普段から着物を着ています。
安いリサイクル着物、アンティーク着物から、現代の洗えるお仕立て着物まで…

 

そんな私が着物の買取、売るときの相場について、思うことを書いてみますね。

 

まず、売るならネットで売るのが手間なく、簡単です。
査定もプロです。

 

私はいつもネットの着物買取専門店を利用しています。
近所のリサイクルの店には手間ですし、ちゃんと査定できる人がいないので持っていきません。

 

いままで利用した中だと、着物スピード買取が1番よかったです。
もちろん「高く売りたい!」と思う気持ちより安いこともありましたが、それでも「着物好きな方へ着物をつないでいくことができる」ので後悔はしていません。

 

着物,買取,相場

 

≫満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】はこちら着物の買取相場は?

 

 

 

 

着物は高くは売れない

しょっぱなから悲しいお話ですが…

 

着物に高額査定(高く売ること)は、期待しないほうがいいと思います。

 

人間国宝の方の着物とか、そういうものは別ですが。。。

 

というのは、着物の需要がどんどん減っているからです。

 

人口でみても何%いるでしょうか?

 

 

着物は、着なくても置いておくだけで劣化するものです。

 

ダイヤモンドや金のように、変わらない状態で保管できることは少ないですよね。

 

 

買う時は安くはないので、私たちは「高く売れる」と思いがちですが、売る方の立場で考えると、買い叩かれてもしかたがない現状があります。

 

私の経験から、数万円で買った着物→0円〜100円査定 なんてザラでした。

 

ですから、一番気持ちのいい処分方法(処分というと悲しいかもしれませんが)は、その着物を着てくださる方にタダでもいいから譲ることだと思います。

 

 

オークションに出品できる方なら、ものによっては買取より若干高く売れるかもしれません。

 

経験上ほんのすこしですが・・・ 

 

 

あと、オークションは落札後のトラブルも多々経験したので、私はもう使いたくないですね。

 

写真をとったらい、シミの箇所を細かく調べないと、後からクレームだの返金しろだの大変です。

 

 

なので今は、安くてもいいので売るか、着る人がいればあげる派になりました。

 

 

0円でも知り合いに譲ることができたらベストなのですが、周りに着る人がいないんですよね。

 

そういう時は、「タダでもいいから、着てくださる人のところに旅立たせる」という意味で、宅配買取に出しています。

 

簡単だし、自分でゴミ袋に入れる罪悪感がないし、ちゃんと価値があるものは価格をつけてもらえるから。。。

 

 

相場は「それを次の方へ流通させられる人」が一番正しく判断できると思います。

 

人間、自分の持っている物は高く評価しがちだと聞いたことがありますが、着物はまさにそれかもしれませんね。

 

だから、査定額を見て「あんなに高かったのに!」とショックを受けるのだと思います。

 

 

私が伝えたいのは、「0円で引取」「全部で500円1000円」と言われても、がっかりしてほしくないということです。

 

気持ちは私も痛いほどわかりますが・・・

 

 

本場結城紬の着物の買取相場は?

結城紬とは代表的な紬の一つで、重要無形文化財に指定されています。

 

真綿から手で紡いだ糸を使い地機で織ります。

 

熟練した技術と年数を要するのでとても高価なものですが、織られた時期やサイズで相場はさまざまです。

 

 

証紙が残っているとして、本場結城紬の場合は、柄と無地で買取価格が違ってきます。

 

手書きで柄がとても細かいもののほうが高い価格になります。

 

 

そしてサイズ。

 

昔の人(お母様、お祖母様世代)は小柄な人が多いので、お仕立てされた着物は、現代人にはサイズが小さいことが多いです。

 

とくに、身丈と裄丈。

 

最近の人はとくに裄丈65センチ以上は必要ですね。

 

肝心の相場ですが、こういった条件なので、本当に査定してもらわないとわからないんですよね・・・

 

長年着物を着ている人に聞いてもそんな感じでした。

 

 

総額50万円以上の着物でもトータル1万円の査定

未使用の正絹の着物や小物を合わせて査定に出した人が、トータルで1万円の査定だと言っていました。

 

これをどう思いますか?

 

私は、安いとは思いません。

 

妥当、むしろ1万円つけてくれただけ良心的なのかも。

 

リサイクル品の売値を知っているし、やはり「着物は需要がないもの」と知っているからです。

 

 

着物はとにかく需要のないもの。

 

買取したところで(安くしないと)売れないものなのです。

 

もしも、高く売れるものなら、業者もそれなりに高く買い取ってくれます。

 

需要と供給のバランスですね。

 

 

もちろん私も高く売りたいのですが、業界の状況をみているうちに、「手放して次の人に気持よく使ってもらいたい」という気持ちになりました。

 

周りの話をきくと、めったに着物を着ない人ほど「高く売れるもの、高く売りたい」と思っている傾向があります。

 

 

そもそも「着物=高いもの」というのが違いますね。

 

リサイクル市場には、古着があふれています。

 

もとは数十万円した高価なものが、未着用で・・・・

 

 

話はそれますが、高く売れるのは高級ブランドの時計やバッグであって、洋服や着物はタダ同然の買取になります。

 

高級ブランドとは、シャネルやエルメス、ヴィトンですね・・・

 

 

遺品の着物を売った

着物,買取,相場

私が遺品の着物の処分をした時のことをお話しますね。

 

父が他界し、趣味品などの遺品は兄弟で形見分けをしました。母が存命なので、父の衣類などは勝手に処分する訳にもいかず、そのままにしていました。

 

それから17年経ち、母も他界しました。多くの家財道具や、衣類など大量の遺品の処分に迫られました。

 

遺品整理業者さんにお願いしようとは思いましたが、着物って元は高価なものだから、もったいないですよね・・・

 

洋服や小物の家財道具などは、近所のリサイクルショップに持ち込み、買取ってもらいました。

 

でも普通のリサイクルショップだったので、着物や和装小物は需要が無いと買取してもらえませんでした。

 

両親は着物が好きで、特に母親は、親戚の呉服店の仕立てを頼まれて行っていた関係もあり、多くの着物を和ダンスいっぱいに持っていました。

 

洋服よりも高価で、仕立て直せばその人にあった着物にできるものの、趣味品となってしまい、リサイクルショップが言うように需要が無いのが実態かもしれませんね・・・

 

どうしようかと迷いつつ、ネットで着物買取業者さんを調べると、意外に多くの業者さんがヒットしました。その中で、送料無料で買取査定をしてもらえるスピード買取.jpさんに、思い切って連絡を取りました。

 

すぐに査定結果の連絡が出て、その時は60%程度の着物を買取ってもらいました。

 

もちろん、いくら高価な着物でも買ったときよりも高く売れるわけではありません。

 

それよりも母が大切にしていた着物を、誰かに活用してもらえる事が本当に嬉しく、ありがたいです!

 

↓簡単で親切で納得価格で売るならココ
≫満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】着物の買取相場は?

 

 

ウールの着物は値段がつかない・・・

私が普段着の着物として愛用しているウールの着物ですが、残念ながら値段がつかないです。

 

買い取ってもらえないんですよね。

 

ウールの着物は、最近ではほとんど作られていません。
でも冬は温かいし、手洗いできるので、普段着着物としては最高です。

 

すべらないから着付けも崩れませんし、適当に着てもそれなりにちゃんと着られます。
汚れても洗えるから、とにかく楽なんですよね。

 

ウールは虫さんが大好きな素材。。。
長期間着用せずにタンスに保管されていたウールの着物は、未着用であっても穴があいている場合があります。

 

若い方には今でも人気のウール。
買い取ってもらえたら嬉しいけど、今実際に流通している着物も数千円で買えたりしますから、高値で買い取りしてもらうのは難しいでしょうね・・・

 

↓羽織も着物もウールでほっこり♪
着物,買取,相場

 

 

着物の買取価格を相場より高くする方法は?

着物,買取,相場

着物の買取をお願いすると、どのお店でも足元を見られてしまい、安く買い叩かれてしまうことがほとんどです。

 

買取してくれるお店が強気に出てくるところが多いので、どうしても着物の買取をお願いする方が弱気になってしまうのです。

 

どんなに思い入れがある着物で、本当は売りたくないのに、売らなければいけない事情があって売りに出しているのに、安く買い叩かれてしまうほど悔しいことはありませんよね?

 

今回は、着物の買取をしてもらう際に、少しでも高値をつけてもらう方法をご紹介したいと思います。

 

着物を買取してもらえるお店は、質屋、リサイクルショップ、呉服屋、ネットオークションなど様々です。

 

しかし、今申し上げた、どのお店もおすすめすることはできません。なぜなら、着物は普通の洋服と違って保管しておくのも手間やお金がかかるし、それほどの需要がないので売れないのが現実なのです。

 

売れない気持ちを高値で買い取ってくれるお店は存在しないのです。
ただし、着物の需要があり売れる市場を持っているお店なら高値で買い取ってくれる可能性は十分にあります。

 

着物の需要がある市場を持っているのが着物の買取専門店です。

 

着物の買取専門店なら高値がつく可能性が十分にあるのです。高値をつけてもらうコツは、「証明書をつけておく、保存状態が悪くならないように注意する、収納用の箱などオプション品がそろっている。」この3つをクリアしているだけでも、買取価格をアップさせることができます。

 

 

着物の処分方法いろいろ

着物,買取,相場

着物を一番番簡単に処分する方法は、切り刻んで燃えるゴミとして出す…これだと思います。

 

なかなかできませんけどね・・・

 

売る方法がわからない・・・しかしながら「捨てるのは抵抗がある・・・一応思い出もあるし・・・」という方がほとんどでしょうね。

 

そのような方々のために、捨てる以外で着物を処分する有効な方法をご紹介します。

 

まずは、呉服店に行って着物を欲しがっている人を探してもらうという方法です。

 

もちろん高値で買い取ってもらう期待はできませんが、いくらかは値段がつくかもしれません。やはり喜ばれて小額でもお金が入ってくる形で気持ちを処分することができたら、それが最良の方法だと思います。

 

でもこれは、近所になじみの呉服店がないと難しいです。

 

2つ目の方法は、質屋かリサイクルショップか骨董品のお店に持っていくという方法です。

 

一昔前なら、質屋でも着物にそれなりの値段がつきました。なぜなら、質屋で気持ちを購入する人がいたからです。

 

しかし、現在では質屋で着物を購入する人は激減してしまったので、質屋のほうでも需要のない商品にお金を出すことはできないのです。

 

リサイクルショップでも同じことが言えます。ただし、お持ちの着物にプレミアがついていれば話は別です。

 

有名な人がつくった着物や歴史がある着物は骨董品店で高値をつけてもらえる可能性が出てきます。

 

3つ目の方法は、ネットオークションに出品するという方法です。

 

ネットオークションなら全国の人がお客さんになってくれるので、1人くらい着物を買ってくれる人が現れるかもしれません。ただし、高値は期待しない方が良いでしょう。

 

また出品や落札の手間もありますし、最近は取引上のトラブルも多いようなので、初心者の方にはおすすめしません。

 

こう考えると、素人でも簡単に買取をしてもらうのは宅配買取の専門店が一番いいかもしれませんね。

 

宅配なら日本全国どこからでも受け付けてもらえます。

 

↓相場より高く売りたい↓

着物の買取相場は?